No Rain, No Rainbow

Aloha

ハワイの有名な言葉で、

No Rain, No Rainbow というのがある。

 

 

その言葉の通り、雨が降らなければ虹は出ないって意味だけど。

若い頃は、『悲しみの後 には、いいことが起きる』って比喩を当てはめていたけど、

 

今は、『恵の雨は、奇跡を起こす』って感じてる。

 

 

 

昔の私にとって、雨は厄介なものでしかなかった。

 

雨のイメージが一気にくつがえされたのは、2015年のオーストラリアでの事。

 

その年はオーストラリアのバイロンベイで過ごしていた。

季節は今頃の11月半ばで、夏に入る前のストームの季節だった。

バイロンベイはオーストラリア南西の海に囲まれた岬になっていて、

私の故郷の御前崎と地形の形がそっくりだった。

 

毎日、サーフィンしたりお散歩したりして過ごしていたので、雨やストームが続くと何もできない。

つまんないなーっと家でダラダラしていると、家主のディクランが

「雨が嫌いなの?雨に打たれたらパワフルで気持ちいよ」と言って、

庭で雨に打たれ始めた。

 

「一緒に」と誘われて、ストームの中、外に出た。

オーストラリアなのでもちろん裸足で。

 

ディクランの4歳の娘フェザーも出てきて、楽しそうにスキップして、みんなでずぶ濡れになった。

彼の家は森の中にあって、ストームの中に庭に出るとそこはもう、庭ではなく森。

ストームの勢いにも負けないくらい、木や植物や土はしっかりとそこに立ち、潤いに喜びを感じている気がした。

 

そうだ、オーストラリアは水不足なのだと、やっと気がついた。

 

オーストラリアは高低差が少ない大陸で、乾燥した気候が特徴なので、慢性的な水不足が問題になっていて、

記憶にもまだ新しい、大規模な森林火災もその水不足が原因の一つ。

そういえば、シャワーも5分、洗車もできないし、水は貴重な存在だった。

 

 

 

雨は、まさに「恵みの雨」

今思えば、当たり前でシンプルな事なんだけど、その時その意味を体感した。

 

 

 

そして、今では雨に感謝し、恵みの雨を植物達と一緒に喜んで味わうのが

私の日常になっている。

ハワイの11月は優しい雨が朝や夕方にサラサラと降って、

きっと12月には本格的に降る。

 

 

ハワイの植物達はわかりやすくて、夏の間、カラカラになった大地に雨が降ると、一気に緑に変化する。

ダイヤモンドヘッド様も今日は青々しく輝いている。とってもご満悦のようで。私も嬉しい。

 

No Rain, No Rainbow

『恵の雨は、奇跡を起こす』

 

雨の日も楽しく過ごしましょう

今日も自然に感謝

Mahalo!!

 

 

Farm animal

Aloha!

今日も素晴らしく晴れているハワイから。

 

 

ハワイにいると自然環境が素敵すぎて、幸せにマヒしてしまいそう。

 

だからこそ、環境問題について目を背けてはいられない。

 

皆さんは、どのような事からインプットしていますか?

 

インスタやYouTubeでも情報を得ることができますよね。

 

私がいつも心動かさるのは

Netflix のドキュメンタリーだったりする。

 

そんなドキュメンタリーから、少しシェアしたい事

 

Kiss in the ground

https://kissthegroundmovie.com/

 

この世界の家畜の生産や農地改革についてのドキュメンタリーなんだけど、

なぜ、農地改革をしなければならないかについて勉強させてもらえる。

 

1番驚いた事実は

世界には、だった4%しか野生生物がいないこと。

鳥の70%が家畜、

哺乳類の30%は人間で、

その他60%は家畜を含めて人間が食用にする動物なんだって。

 

その家畜の餌のために、大規模な農地が使用されてるし

世界の2/3が既に砂漠化しているのに。

 

事実は知れば知るほどネガティブな気分になってしまうけど、

私は、私に出来ることを、ちょっとだけ、ほんのちょっとだけやりたいって思っている。

 

私はヴィーガンではないけど、ヴィーガンフレンドリーとして興味があるし、選ぶものを少しずつ変えている。

 

ライフスタイルはそれぞれだから、無理せず気持ちよくをモットーに。

 

Mahalo